心療内科で受けられる治療の内容とその選び方


心療内科が治療できる範囲

心理的な要因が元となって発症する病気は数多くあり、その対策を行うところも精神科や神経内科など分野ごとで複数に分かれます。その中で心療内科は、心理的な要因によって身体に症状が表れる心身症が中心と定義されています。ストレスによる胃潰瘍やぜんそくがその代表例です。ただ心療内科は心理的疾患を扱う中でも比較的柔軟性があるため、本来は精神科となるうつ病や神経症といった症状も、程度が軽ければ対応できる場合があります。

心療内科での具体的な治療内容

心療内科で行う治療の基本は、症状を把握したり根本的な原因を突き止めるためのカウンセリングです。人に話を聞いてもらうだけでも、症状が緩和できる場合もあります。そして個人で異なる症状に合わせて、カウンセリングとは異なる面会による精神分析や、ゲームなどの行動を交えて精神のバランスを整えていく認知療法などが行われます。またそうした治療方法では対処しきれない場合は、薬が処方されることもあります。

心療内科を選ぶ際の最低条件

心療内科は治療の範囲が厳密に定められていないため、受診先によって内容が大きく変わりやすいです。もちろん治療内容の質にも差が出るため、自分に合った治療をしてくれるところを見つけることが大切です。そして数ある心療内科から探す際には、治療方針をしっかりと相談しながら決められることを最低条件にしましょう。薬の使用や通う頻度など一方的に押し付けられるのではなく、患者側の希望を優先させてくれるのであれば、ある程度は信頼しても良いでしょう。

心療内科を梅田で探してみると非常に多くの件数があります。その分だけ自分に合った治療を行ってくれる医師を見つけられる可能性があります。