どんな治療をするの? 心療内科の実態を解説


心療内科の基礎知識を解説

ストレスなどによって精神面のバランスが崩れ、それを原因とした肉体的な不調を診察してくれるのが心療内科です。具体的には、眠りにくい、イライラしやすい、集中力が続かないなどの症状になります。このような症状が二週間以上継続して回復しそうにないときは、心療内科に相談に行くとよいでしょう。生活環境などをじっくりと聞き取ってくれるので、予約制になっている病院が大半です。

治療方法はどのようなものがあるのか

心療内科を訪れる患者の症状は多種多様なため、医師によって治療法の選択が異なる場合がありますが、基本的には医薬品を使う治療法と使わない治療法に大別されます。医薬品を使う治療法は薬物療法と呼ばれていて、患者の症状を緩和する医薬品が処方されます。具体的には、抗うつ薬や抗不安薬などのジャンルがあり、決められたペースで服用するのが通例です。しばらく飲み続けないと効果が出ない場合があり、患者との相性で別の医薬品に変更する場合もよくあります。

医薬品を使わない治療法とはどのようなものか

医薬品を使わずに症状の改善を目指す治療法は、認知行動療法などと呼ばれています。これは患者と医師またはカウンセラーとの話し合いを通じて、日常生活の行動や物事の解釈を少しずつ変化させていくことを目指す治療法です。患者が自分の問題を整理したり、考え方にクセがあることを認識したりすることで、症状が軽くなる可能性があります。よい結果がすぐに出るとは限らないため、患者と医師またはカウンセラーの信頼関係がとても大切な治療法です。薬物療法と併用されることもめずらしくありません。

心療内科を名古屋で受診するときには、生活のリズムや食欲の有無など医師に伝えたいことを事前にメモに書いて持っていくといいでしょう。